浮気と浮気調査に関する知識をご紹介しています。

浮気調査の前に

まず浮気している要素を掴む

まず浮気しているという要素を掴みましょう。その疑えるだけの要素があるのかどうかを自分で考えて探偵事務所に依頼するようにしましょう。なぜなら、依頼する方が女性で夫の浮気を調査するときの理由でよく見られるのが「女性の感」です。その女性の感が鋭くて、当たっているなら問題はないですが、もしそれが外れていたとした……探偵事務所に浮気調査を依頼するのは安くはありませんので、充分に疑えるだけの要素があるのかどうかを見つけることが大事です。中には嫉妬深く一回メールが帰ってこなかっただけで「浮気している」と思う方も中にはいらっしゃると思うのですが、それも要素の一つとして取り上げて、他にも浮気している要素がないか探してみるのです。その「メールを返してこない」だけで探偵事務所にお願いするのではなく、もし本当に浮気しているのであれば、他にも色々とみているとあるはずですから、例えば、残業や出張の回数が急に増えたとか、急に携帯電話にロックをかけ始めたとか、夜の営みの回数が減ったまたは拒否されるなど、色々と要素があるはずです。これらを見つけて疑えるだけの要素が
固まったときに探偵事務所に調査を依頼しましょう。
また、たったひとつ要素が見つかったからと急に浮気を疑って、問い詰めて家庭環境をギクシャクさせないようにしてください。疑って問い詰めたい気持ちも分かりますが、後々のことを考えて言動には十分に注意しましょう。

浮気調査依頼前の証拠

浮気調査を依頼する前に事前に証拠を集めておくことで、もし浮気調査を依頼したときに事前に証拠があると、探偵事務所も行動しやすく優位に進めることが出来ますので、集められるものは自分で集めておきましょう。またそういう証拠というのは家庭内にあることが多く、どちらかというと探偵事務所よりも自分のほうが疑いに値する証拠を集めやすいといえます。
下記に自分で集められる証拠の例をあげますので、浮気を疑っているのであれば探して見ましょう。

領収書やレシート

領収書やレシートには、日付や支払いの内容・人数など書かれてある場合が多いですので、充分な疑う証拠となります。日付が書いてあればその日のなんと言っていたか思い出せれば比較できるはずです。
また、買い物のあとによく財布にレシートを詰め込んでいる方もいらっしゃいますが、それも充分証拠となりえます。レシートには買ったものの記載のほかに、やはり日付や時間などの記載されていますので、しっかりチェックして別にノートなどに書きこんでおきましょう。領収書やレシートをそのまま取ってしまうと、本人が財布に入れていたのを覚えていれば、返って怪しまれて浮気調査を依頼したときには、すでに気をつける行動をしている恐れがあるためです。

携帯電話

携帯電話は現代の社会ではなくてはならない必需品にまでなっています。そんな必需品となった携帯電話だからこそ、浮気をしているのであれば、もはやこれは証拠の玉手箱となります。
着信履歴やメールなどこれほど証拠が出てくるものもありません。ただし、最近ではロック機能などが搭載されていますので、中々見ることが難しいのも事実です。ロックのかけ忘れている時を見計らって見ることが前提となってしまいます。ロックを外してもらうように直接お願いすると「こいつは疑っている」という警戒心を植えつけてしまいますので、浮気調査の依頼を考えているのであれば、あまりオススメはできないと言えるでしょう。

recommend

名古屋でレストランウエディングを挙げる
http://www.dubonnet.jp/
出産祝い人気No.1 おむつケーキなら【ベルビーベベ】
http://bv-baby.jp/

最終更新日:2016/1/7